デリヘル業界と一般的な常識はこうも違う!貴方の知らないデリヘルというアングラな世界の秘密を大公開していきます

貴方の知らないデリヘルアンダーグラウンド

デリヘルの常識と男性客の非常識社会人になって世間の常識というのがありますが、風俗業界においての常識というのは世間の常識が必ずしも当てはまるとは限らないのです。

それはデリヘルなどで働く女性のほとんどは誰にも秘密で働いている為に、名前や年齢を偽り働いているだけに、学生や会社員などと違って素直な気持ちをそのまま受け取れないといった状況があまりにも多いのですが、それに気がつく男性客は少ないのも事実ですね。

世間の常識でデリヘル嬢を推し量るのは間違いかも

良くある話ですが、気の会う人を飲みに誘うというのは良く有りますが、風俗を利用する男性客がデリヘル嬢を食事や飲みに誘ってもまず断られるのが多いですが、これは女性の立場になれば簡単に判る事ですよね。

風俗嬢というのを知っていて、お店を通さず個人的に食事を誘われて付いて行けば、確実にラブホテルへ連れて行かれてエッチを要望され、本番もOKだよと言っているのと何が違うのでしょうか?

人妻専門のデリヘル嬢が働いている理由は『旦那だけでは欲求不満で、エッチが好きだから働いている』と、男性の願望だけで都合よく解釈する人もいますが、現実的には『お金がない』から働いているし、お金さえ貰えれば本番もする女性ならば、手間隙かけずにお小遣いで交渉すれば簡単にさせてくれるはずですよね。

もちろんお金を稼ぐといっても、限られた時間で高額を稼ぎだす理由があるからデリヘルなどでアルバイトをしているのであって、時給1000円程度で満足できるならば風俗で働くリスクをとるわけがありません。

次に、駅前やコンビニなどで先日お相手頂いたデリヘル嬢がいたので挨拶程度に声をかけたなんて男性もいますが、かなりの迷惑行為をしている自覚がないのです。

その女性の本名を知らないだけに、まさか風俗で知った源氏名で声をかけるのでしょうか。

仮に女性一人だと思っていたのに、近くに女性の友達や家族がいてその光景を見たら当然いくつかの疑問がわき、デリヘル嬢としてもかなり慌てさせる状況になるはずです。

女性の友達からは、あれ?名前が違う、年配の男性だけどどういった知り合いなんだろう?、そしてその女性は迷惑そうに慌ててるとなるのは明白ですね。

デリヘル嬢からしても、想定外に心の準備もなく風俗でのお客様から声を掛けられたら、友達になんていい訳をすれば風俗のアルバイトをバレずに済むのだろうとか、慌てふためくので、デリヘル嬢とはどんなに仲良い関係であっても仕事外では気がつかないフリをしてあげるのが、女性を思いやる一番の行動となるのです。

世間的な常識は通用しないのは、相手の諸事情に配慮した考えが至らないという事かもしれませんね。

デリヘル嬢だって普通の女の子です。

デリヘルで出逢う女性といってもピンキリで、普通の会社では絶対に勤まらない女性から、家族などの借金返済などで会社で働く給料だけでは足らず、背に腹は変えられないという風俗嬢とは思えないほどの人として魅力的な女性だっているのです。

そういった女性が主にデリバリーヘルス(デリヘル)に集まるのかと言えば、法律的な問題も大きく関わってくるのをご存知でしょうか。

ご存知と思いますが、格安でヘルスで遊ぶなら箱ヘルにいくでしょうし、テクニックを駆使して性欲を満たすなら本番もあるソープランドがお薦めとなりますが、こうした店舗型風俗というのは、プレイをする部屋数に制限がある為に、出勤はシフト制となり、女性の都合で休まれてしまえばお店も困るので遅刻や休みは罰金制度を導入しているのも多いです。

さらに営業時間も店舗型風俗は夜12時までの営業という具合に、営業時間などにも規制がありますが、デリヘルだけは営業時間は例え24時間営業でも法律的に問題ないのです。

店舗型風俗は営業許可の関係もあり、どこでもお店が出せる訳ではなく地域的な成約があるのに対して、デリヘルは半径200m以内に病院施設や学校施設がないという程度しか成約がありませんので、繁華街にしかない店舗型風俗と、ある意味で地域的な制限がないデリヘルとでは住んでいる場所から通勤圏内にあるかどうかも違ってきますよね。

風俗嬢としてお金を貰っているのだからプロ意識があって当然というのは、店舗型風俗に限って言えるのであって、デリヘル嬢のほとんどは裸体になって性的サービスをしているのだから十分でしょという感じで、風俗嬢としてのプロ意識をもつ女性はいません。

簡単に言えば、日本には5000件以上のデリヘルが営業していますが、デリヘル運営者は少しでも多くの女性を入店させたいし、可愛い子を入店させれば売上は大幅に伸びるのを知っているだけに、働ける条件を女性優先として短時間でもいいし、女性の都合の良い日だけ働いてくれるだけでもいいからという感じで、かなり女性に配慮した甘い条件を提示しているのです。

そうして集められた素人女性が接客しているのがデリヘルなので、店舗型風俗には絶対に見つける事が出来ないほど可愛い女性や美人だって本当に働いているんですが、これがデリヘルでプロ意識を求めるのが間違いと言われる根拠なのです。

年齢差なんて気にしないデリヘル嬢

若い女性で年上が好きという方でも一般的には10歳程度の年上となるのだが、デリヘル嬢として働いた経験がある女性に関しては驚く事に20歳年上でも問題ないという女性がかなり多い。

デリヘルは他の風俗よりも割高な料金である為に、利用客は若くても30代となり、40代~50代の男性が利用する中心的な年齢となる、会話の多い風俗となる為に大幅な年上への接客となるのだが、ここが大きなポイントとなるようです。

若い男女のカップルがデートと言えば、金銭的な都合もあり近所のカラオケとか家に遊びに行く程度となるが、年齢と共に収益が上がる事が多いので40代の男性ともなれば、ちょっと飛行機で1時間+、料金的にも片道交通費が1万円程度で東京~札幌までの移動ができるなど、行動範囲も遊びの規模も若い女性からすれば夢のような話ばかり。

もともと金銭的に稼がなければならないという理由があるからこそデリヘル嬢となってアルバイトをしている女性が多いだけに、経験や行動範囲の違い、金銭的余裕など女性が求める希望条件を満たしているのが40代などの年上男性という風に感じるのです。

40代の男性が本来ならば、若い女性にアピールしても相手にして貰えないという常識があるのに対して、デリヘル嬢の感覚ならば恋愛対象として真面目に見てもらえる可能性が多いにあると言ってよいと思います。

但し大事なのは、見かけの顔やスタイルだけでなく、考え方や誠実さといった女性を見つける事が一番重要なのかもしれませんけどねw

風俗嬢の写真をみても、性格や声などは一切判らないのですが、まずは見た目の好みだけでも重視して遊ぶのに、デリヘルで遊ぶなら風俗情報などをチェックして遊べば大きな失敗を避ける事も出来る様になると思いますよ。

女性なら何でも良いなんていう男性客はいませんからね…

投稿日:

Copyright© 貴方の知らないデリヘルアンダーグラウンド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.